Home > 企業情報 > FUSION GOL ポリシー > アクセプタブル・ユース・ポリシー(AUP)



企業情報

サービス概要

一般
  • 会員はFUSION GOLの提供するサービス(以下「本サービス」)の利用にあたり、適用されうる全ての法規、社会秩序に従うものとします。
  • 理由の如何に関わらず、FUSION GOLは事前に通告することなくFUSION GOLのサーバー上に存在するいかなるデータも消去、変更、またはアクセス制限を行う権利があるものとします。
  • 明確に書面にてFUSION GOLから同意を得た場合を除き、会員は営利目的の製品やサービスの宣伝・広告のためにFUSION GOLのサービスを利用することはできません。 ただし、ウェブホスティングパッケージ、固定IPサービスについてはこの限りではありません。
  • FUSION GOLはアクセプタブル・ユース・ポリシー(以下「本文書」)を事前に通告することなく、いつでも変更できるものとします。本文書の改訂があった場合、改訂日の新しい版が優先して適用されるものとします。
  • FUSION GOLによる決定がある場合は常にそれを最終判断とみなし、有効とします。
スパム (UCE)
  • いかなる相手に対しても勝手にEメールを送り付けることはできません。
  • 会員は自らのアカウントから配信されたスパムメールが発生せしめた全ての損害に対して賠償責任を負うものとします。
  • 会員が25人以上に対し同一の、または同様の内容のEメールを勝手に送り付けた場合、または会員が送信したメールに対し、他の会員またはGOL外部からFUSION GOLが苦情を受けた場合、GOLはこれをスパムとみなします。
  • 大量のEメールを特定の人(Eメールアドレス)に対して勝手に送り付ける「メール爆弾 (mail bombing) 」もスパム行為であり、FUSION GOLはこれをサービスの拒否またはFUSION GOLのネットワークリソースの過度の利用であるとみなします。
ユースネット アビュース
  • 会員は同じ1つの投稿を10以上の別々のニュースグループに投稿したり、また同じ内容を複数回に渡り1つのニュースグループに投稿してはならないものとします。また投稿する際は、各ニュースグループの主題またはFAQ内の規定に沿った内容のものでなくてはなりません。
  • 自分が投稿したもの以外のメッセージをニュースサーバーからキャンセルすることは禁止されています。
  • ニュースグループに営利目的の広告を投稿してはいけません。ただし、各ニュースグループがそのFAQ内で同行為を許可している場合はその限りではありません。
  • 会員がユースネット・ニュース・グループを新規作成または削除するためのnewgroupまたはrmgroupコントロール・メッセージをFUSION GOLニュース・アドミニストレーターの許可なしに送信することは禁じます。
  • 会員はFUSION GOLのニュース・アドミニストレーターの許可なく、NNTPのsuck feedやその他の方法を利用してニュースの再配信を行ってはいけません。
IDの偽造
  • 会員はメールの送信やニュースグループへの投稿を行う場合、発信元を偽造してはいけません。また、FUSION GOLのサーバーを通信手段として直接または間接的に使用する場合、送信元のFUSION GOLアドレスを偽ってはいけません。これには、FUSION GOLから発行されたユーザーID以外の有効/無効のEメールアドレスを使用してメーリングリストに購読申込をしてはいけないという内容も含まれます。
  • いかなるルーティングプロトコルを利用するのであれ、偽のルーティングパターンを生み出すような接続は禁止します。
システムアタック/システムリソースの使用に含まれるもの
  • CPUタイム、メモリ、ディスクスペース、バンド幅、または他のシステムリソースを過剰に使用することは禁じます。
  • 会員が同一のユーザーIDを使用して同時に複数のログインをすることは禁止します。
  • 会員はログオン時以外に処理プロセスを実行させることは禁止します。
  • FSUION GOLホスト/ルーターからFUSION GOLドメイン外部への、またはFUSION GOLドメイン外部からFUSION GOLホスト/サーバー/ルーターへのPing floodingは禁じます。これにはSYNアタック、smurfアタック、その他サービスアタックの拒否も含まれます。
  • クライアントは書面によるGOLの同意なしに、FTP、NNTP、HTTP、SMTPやその他ここに記載されていないいかなるサービスも提供してはいけません。
重要事項
  • 本AUPに違反した場合、FUSION GOLは下記のような処置をとるものとします。
  • 本サービス利用契約の無期停止
  • 本サービス利用契約の解約
  • FUISION GOLは、FUSION GOLのシステムリソースの過度の使用に対し相応の対価を該当会員に請求する権利を持つものとします。本権利の実行に関する判断はGOLが行うものとします。
  • 会員が本AUPに違反することにより発生したFUSION GOLのハードウェアやソフトウェアの損害、弁護士費用、GOL社員の労働時間に対し、FUSION GOLは相応の対価を会員に請求できるものとします。
  • 会員がFUSION GOLのリソースを過度に使用したことにより発生した損害に対する対価を、FUSION GOLは会員に対し請求できるものとします。対価はAUPのいかなる違反行為に対して1時間あたり25,000円とします。